70年代のオーセンティックソウルを彷彿とさせるSilk Sonikのデビュー作 「Leave The Door Open」

Silk Sonikのデビュー作 「Leave The Door Open」 記事イメージ 画像 MUSIC

Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)とAnderson Paak(アンダーソン・パーク)という現代のブラックミュージックのスーパースター2人で結成されたSilk Sonikは、2021年グラミー賞の授賞式で初めて世間に初披露され、チャート・イン後5週目で首位を獲得した。黄金期のスウィートソウルに匹敵する新たな名曲がここに誕生した。

楽曲紹介

デジタルデバイスを駆使する音源が巷に横行する中、70年代にレイドバックしたかのような生楽器をベースとしたオーセンティックソウルを世に繰り出したこの2人のセンスは計り知れ無い。Sit Back & Relaxな今作品は、しばしばDelfonicsやSylisticsなどのレジェンド達と比較され、60年代〜80年代にかけてのjazz,soul,funk,HIPHOP,R&BといったRare Grooveやブラックミュージック愛好家にとっては必聴な内容となっています。フィリーソウルやMotown好きにもオススメです!!

Bruno Mars, Anderson .Paak, Silk Sonic – Leave the Door Open [Official Video]

デビューシングルではありますが、同年9月にはbootsy collins(ブーツィー・コリンズ)をゲストに迎えたアルバムが完成されるとのこと。この時代に本物のソウルミュージック・ブラックミュージックが聞けることに感謝したい。

トラックリスト

01. ブルーノ・マーズ, アンダーソン・パーク & Silk Sonic「Leave The Door Open – Single」

商品紹介

Leave The Door Open

Bruno Mars,Anderson Paak,Silk Sonic

フォーマット:ストリーミング(MP3)

レーベル:Aftermath Entertainment/Atlantic

評価 : 5.0
Amazonで探す iTunesで視聴する

コメント