おすすめ70年代ソウルミュージック(soul music)洋楽・名盤特集 part.1

おすすめ70年代ソウルミュージック(soul music)洋楽・名盤特集 part.1 MUSIC

70年代のソウルミュージックは、それまでのロックやjazz、funk、soul、blues、クラシック音楽など様々な要素が結集し、今でもこの年代が一番好きな時代と上げるミュージシャンも多く、ブラックミュージック・ソウルミュージックの歴史を語る上では避けては通れない年代と言えるだろう。生楽器をベースにシンセサイザーなどの電子楽器も大衆に浸透し、実験的且つ演奏力の高い実り豊かな楽曲が多く生まれた。PCベースのデジタルな楽曲が巷の主流である昨今では、生楽器やハード機材に触れる機会も少なくなっており、70年代の楽曲が耳に届く機会も減っていくことだろう。少しでも多くの方に過去の遺産に触れる機会を増やしたいと思い、ここにお勧めの楽曲を紹介したいと思う。どなたかの新しい音楽の出会いになれば幸いです。

Roberta Flack|Feel like Makin’ love

Roberta Flack|Feel like Makin’ loveの商品画像

Roberta Flack

Feel like Makin’ love

レーベル ‏ : ‎ Atlantic RECORDS

製作年 ‏ : ‎ 1975

評価 : 5.0

1975年に発表された曲で、誰でも一度は耳にしたことがある「Feel like Makin’ love」が収録されたアルバム。他を寄せ付けない圧倒的な歌唱力で70年代ディーバの一人となったRoberta Flackの作品です。

タイトル曲のFeel like Makin’ loveやMr.Magic,Early Ev’ry MIdniteなどの色褪せない良質な音源が多数収録されています。現代のブラックミュージックには多大な影響を与えた作品で、無名・有名に関わらずサンプリングされた楽曲は数知れず。

Feel Like Makin' Love

参加ミュージシャンはkeyboardにbobjamesやRichard Tee、drumsにidris Muhammadなどjazz,soul,funk,rock,クラシックなどの音楽をクロスオーバーした、実験的でスムースなjazzを提供していた当時をときめくCTIの面子が多く参加しています。

確かな演奏力とRoberta Flackの歌唱力が見事に融合したこれからも聞き伝えられていくソウルミュージックの名盤。

donny hathaway |live

donny hathaway |liveの商品画像

donny hathaway

live

レーベル ‏ : ‎ Atlantic RECORDS

製作年 ‏ : ‎ 1972

評価 : 5.0

1972年に発表された作品で、donny hathawayによる作品で、当時のスーパースターぶりが伝わってくるほど、当時の人気ぶりが聞き取れるLIve音源となっています。

日本では知らない人が多いと思いますが、ソウルフルに歌い上げる様は、stevie wonder級の大物に勝るとも劣りません。

What's Going On (Live)

一曲目のmarvin gayeのカバー「what’s going on」や「Little Ghetto Boy」などの楽曲が収録されており、トータルして演奏力も高く、ソウル畑でなくとも全ミュージックラバーが楽しめる内容となっています。家族に一枚、確かにお勧めします!!

Issac hayes |shaft

Issac hayes

shaft

レーベル ‏ : ‎STAX RECORDS

製作年 ‏ : ‎1971

評価 : 5.0

1971年に製作されたアクション・ブラック・ムーヴィーの金字塔『黒いジャガー』のサウンドトラックです。数々のソウル・ファンクアーティストを輩出するSTAXを代表するアーティストIssac Hayes(アイザック・ヘイズ)による作品で、全米アルバム・チャートとR&Bチャートの両方で1位を獲得しました。

Theme From Shaft by Isaac Hayes from Shaft (Music From The Soundtrack)

黒人による黒人のためのコンセプトのもと作られた代表的なブラックスプロイテーションムービーの一つで、ジャケットも含めて映画としても優秀な作品なので合わせて楽しんでもらいたい。

The Delfonics|The Delfonics

The Delfonics

The Delfonics

レーベル ‏ : ‎Buddha RECORDS

製作年 ‏ : ‎1970

評価 : 5.0

フィラデルフィアソウル(フィリーソウル)で有名なグループで、フィリーソウルの魔術師Thom Bellによって製作されたスウィートソウルを聴かせてくれる。一曲目の「didn’t i (blow your mind this time)」は、特にsilky且つsweetな楽曲で、クエンティン・タランティーノ(Quentin Tarantino)作品のjackie brown(ジャッキーブラウン)でも使用された名曲。

The Delfonics – Didn't I (Blow Your Mind This Time) (Audio)

「when you get right down to it」や「trying to make a fool of me」などの楽曲は、DJ KIdcapriやGang Starrの「Love Sick」で使用されるほど人気が高く、他様々な楽曲でサンプリングされている。

タイトなドラムが特徴的で、魅力的なThe Delfonicsのファルセット・ヴォイスが合わさった類を見ない完成度の高い作品で、時代を超え愛聴盤となること間違いなしの極上スウィートソウルアルバムです!

CON FUNK SHUN|Loveshine 

CON FUNK SHUN

Loveshine 

レーベル ‏ : ‎Mercury

製作年 ‏ : ‎1978

評価 : 5.0

1978年に製作されたCON FUNK SHUNのアルバムで、良質なfunk、soul musicが多数収録された名盤で、過去に数多くのミュージシャンがサンプリングネタとして使用しています。特に2曲目「Magic Woman」はMadlibがサンプリングし話題となった曲で、他にも4曲目のMAKE IT LASTはメローでスムースなアーバンソウルで、時代を跨ぎこれからも愛され続ける名曲です。

疾走感溢れるfunk No.からシルキーなスウィートソウルまでバランス良く詰め込まれており、捨て曲一切無しのソウル・ファンク名盤となっております!!

crusaders|street life

crusaders

street life

レーベル ‏ : ‎MCA

製作年 ‏ : ‎1979

評価 : 5.0

1979年にcrusadersによって製作されたアルバムで、それぞれメンバーのWilton Felder(ウィルトン・フェルダー) 、Stix Hooper(スティックス・フーパー)、Joe Sample(ジョーサンプル)が楽曲を提供しています。特にタイトル曲でJoe Sampleがプロデュースした「street life」は、ゲストとして迎えたRandy Crawford​(ランディ・クロフォード)のボーカルが素晴らしく、当時の1979年のJazz Albumsチャートで1位を獲得し、Black Singlesチャートで最高順位17位を記録しました。

続くWilton Felder制作による「My Lady」もスムースでメローなBPM90前後の楽曲で、洗練されたメロディーラインは故MAC MILLER”INSIDE OUTSIDE”を始め、メジャー・アンダーグラウンド問わず数々の楽曲でサンプリングされています。

今でも十分通用する極上の70年代ジャズフュージョンで、スムースでいてシティポップの要素を併せ持つ70年代ソウルミュージックの傑作です

Curtis Mayfield|LIVE! 

Curtis Mayfield

LIVE!

レーベル ‏ : ‎Curtom

製作年 ‏ : ‎1971

評価 : 5.0

1971年に発表されたBitter End NYCでのライブの様子を収めた音源。ソウルミュージックのレジェンド的存在のCurtis Mayfield(カーティス・メイフィールド)による作品です。

Mighty Mighty (Spade and Whitey) (Live @ Bitter End, NYC)

Donny hathawayの「live」ともしばしば比較され、「Mighty MIghty」や「stone junkie」のような黒さと粘っこい濃密なファンクネスを持ったファンクナンバーから、「people get ready」や「The Making of you」、『we’ve only just begun」などのソウルフルな弾き語りアコースティックなメローナンバーまで、当時の雰囲気を感じながら、最初から最後まで通して聞いていただきたいソウル・ファンクミュージックの名盤です!!

Gladys Knight & The Pips |Imagination

Gladys Knight & The Pip

Imagination

レーベル ‏ : ‎BUDDHA

製作年 ‏ : ‎1973

評価 : 5.0

1973年に発表されたGladys Knight & The Pipsの作品で、

2週連続でビルボードチャートで1位、ソウル・チャートでも1位を記録し、ゴールドディスクに輝いた楽曲「Midnight Train to Georgia」が収録された名盤です。発売から翌年1974年の第16回グラミー賞では「最優秀R&B歌唱賞」を受賞しました。Gladys Knightのソウルフルな歌声とThe Pipsのバックコーラスが絶妙な大ヒット曲です。

Gladys Knight & The Pips – Midnight Train to Georgia (Official Audio)

アルバム最後の曲の「Window Raisin’ Granny」のような泥臭いファンクナンバーや「where peaceful waters flow」のようなシットリ聴かせるメローなソウルがあったりと、全体的に大変バランスが良く、聞き応えのあるソウルアルバムに仕上がっています。

Quincy Jones|Body Heat

Quincy Jones

Body Heat

レーベル ‏ : ‎A&M

製作年 ‏ : ‎1974

評価 : 5.0

1974に発表されたquincy jonesの作品で

タイトル曲であり一曲目の「Body Heat」は流石のquincy jonesプロデュースだけあり、濃密で計算された隙のない重厚なメローソウルナンバーに仕上がっています。

Body Heat

「one track mind」のようなキラーなファンクナンバーやメローなイントロから抑揚ある展開で盛り上がりを見せる「if I ever lose this heaven」のような曲まで、全体的にBITTER & MELLOWな、真なるブラックミュージック・ソウルミュージックのオンパレードです。オススメです!!

Impressions|First Impressions

Impressions

First Impressions

レーベル ‏ : ‎curtom

製作年 ‏ : ‎1975

評価 : 5.0

かつてはCurtis Mayfield(カーティス・メイフィールド)やLeroy Hutsonリロイハトソン)が在籍していたことでも知られる4人組ボーカルグループImpressionsのアルバムで、1975年にcurtomレコードから発売されました。

イントロから期待感抜群のミディアムなメローソウル「sooner or later」で幕開け、続く「same thing it took」のフィリーライクなスムースなソウルも素晴らしい。

他にも「groove」や「How high is high」などのグルーヴィーな曲もあり、全体的にボーカルベースの音楽性豊かなアルバムとなっています。捨て曲一切なし!!ソウルクラシックアルバム確実です。

The Miracles|Do It Baby

The Miracles

Do It Baby

レーベル ‏ : motown

製作年 ‏ : ‎1974

評価 : 5.0

1972年にSmokey’ Robinson(スモーキー・ロビンソン)が脱退した後のリードシンガーにBILLY GRIFFIN(ビリー・グリフィン)を迎え再始動したThe Miracles(ザ・ミラクルズ)の作品で、1974年にmotown(モータウン)から発表されました。

Leon WareやWillie Hutchといった今でも根強いファンを持つブラックミュージックに精通したプロデューサー陣に援護され、スモーキー・ロビンソン不在でも素晴らしい作品に仕上がっています。

「YOU ARE LOVE」のようなメローなメンバーから「GIVE ME JUST ANOTHER DAY」のようなフロアライクなキラーチューンまで収録された、今でも多くのアーティストにサンプリングされているソウルミュージックの名盤で、ブラックミュージックのルーツを探るにはピッタリな一枚です。

THE SINGERS UNLIMITED|FOUR OF US

THE SINGERS UNLIMITED

FOUR OF US

レーベル ‏ : MPS

製作年 ‏ : ‎1974

評価 : 5.0

美しいコーラスのハーモニーで人気博す、アメリカのシカゴで結成された4人組グループです。

ドイツのMPSレーベルからの作品で、Carpenters(カーペンターズ) – We’ve Only Just BegunやCarole King (キャロルキング)- You’ve Got a Friendなどのカバーが収録されています。全体を通してJazzのフィーリングを感じることができ、演奏からコーラスまで申し分のない良質なソウル・ジャズミュージックを堪能することができます。

J Dillaライクなサンプリンネタをお探しの方で知らなかった方は一度聞いてみてください。オススメです!!

Harold Melvin & The Blue Notes|To Be True

Harold Melvin & The Blue Notes

To Be True

レーベル ‏ : Philadelphia International

製作年 ‏ : ‎1975

評価 : 5.0

Kenny GambleとLeon Huffプロデュースによる

1975年に発表されたフィリー・ソウルのコーラスグループでTeddy Pendergrass(テディ・ペンダーグラス)が在籍していたHarold Melvin & The Blue Notes (ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルーノーツ)の作品で、

透明感のある美しいメロディーからの抑揚ある展開が素晴らしいタイトル曲の「To Be True」のような曲や、Female vocalにsharon Paigeを迎えた「HOPE THAT WE CAN GET TOGETHER SOON」のような極上メロー&スムースなフィリー産スウィートソウルを収録(こちらはDJ MUROもSOUL MIXの中で紹介していました。)した名盤で、前編を通してMFSBがリズム隊の極上フィリーソウルを堪能することができます。

初めてのフィリーソウル(Philadelphia soul)の一枚としてもオススメです!!

Marlena Shaw|Who Is This Bitch, Anyway?

Marlena Shaw

Who Is This Bitch, Anyway?

レーベル ‏ : Blue Note

製作年 ‏ : ‎1975

評価 : 5.0

1974年にBlue Noteレーベルからリリースされた発表されたMarlena Shaw(マリーナ・ショウ)の作品で、ソウル・ジャズ・ファンクなどあらゆるジャンルの垣根を超えた奇跡的な一枚で、EUGENE McDANIELS(ユージン・マクダニエルズ)が作曲しROBERTA FLACKが歌った「FEEL LIKE MAKIN’ LOVE」の極上のカバーが収録されています。

前編を通して当時フュージョン界を賑わせていた面子がリズム隊で参加しており、密度の高い繊細な演奏でMarlena Shaw(マリーナ・ショウ)の歌唱を引き立てています。

セクシーでパワフルな歌声は前編を通して演奏と絶妙にマッチしており、「YOU TAUGHT ME HOW TO SPEAK IN LOVE」や「FEEL LIKE MAKIN’ LOVE」などの美しいメロディーラインの曲や「THE LOAD GIVETH AND THE LORD TAKETH AWAY」や「loving you was like a party」のようなブルース色が濃い演奏もあったりとブラックミュージックの醍醐味を存分に味わうができます。

本物のソウルミュージック・現代のR&Bの原点を聞きたい方は是非チェックしてみてください。

Leroy Hutson|Hutson

Leroy Hutson

Hutson

レーベル ‏ : curtom

製作年 ‏ : ‎1975

評価 : 5.0

Curtis MayfieldやDonny hathawayなど数々の大物と親交がありソウルミュージック界の至宝であるLeroy Hutson(リロイ・ハトソン)の、名門ソウルレーベルcurtom(カートム)から1975年に出された作品です。

「It’s Different」のようなミディアムメローなナンバーや「COOL OUT」の美しい旋律のジャズファンクブレイク、「ALL BECAUSE OF YOU」のBarry Whiteばりのストリングスとメロディー、ドラムブレイクが素晴らしいミディアムソウルナンバーまで、ソウル・ジャズ・ファンクなどのブラックミュージックを総合した非常に完成度の高いアルバムに仕上がっています。

素人・玄人番人受け間違いなしなソウルミュージッククラシックな一枚です!!

Love Unlimited|Under The Influence of Love Unlimited

Love Unlimited

Under The Influence of Love Unlimited

レーベル:20th Century

製作年 ‏ : ‎1973

評価 : 5.0

Barry Whiteによってプロデュースされた、フィリーライクでソウルフルなトラックが多数収録されたLADY SWEET SOUL MUSICの名盤です。

Madlibにもサンプリングされているソウルフルな「Say It Again」、映画のワンシーンで使用されるようなヒリヒリとした緊張感が漂うファンクナンバー「Under The Influence Of Love」、極上MELLOWバラードの「Oh Love, Well We Finally Made It」など全体的にBPM90前後の楽曲が勢揃いで、今でも色褪せないソウルミュージックの金字塔です。絶対に聴きましょう!!

Love Unlimited Orchestra|Rhapsody In White

Love Unlimited Orchestra

Rhapsody In White

レーベル:20th Century

製作年 ‏ : ‎1974

評価 : 5.0

 Billboard Hot 100で一位を獲得しLove’s Themeを含んだ The Love Unlimited Orchestraの初のスタジオアルバムで、愛の伝道師の異境を持つ、サンプリングベースのブラックミュージックに多大な影響を与えた The Love Unlimited Orchestra名義のBarry Whiteの作品です。

一度は耳にしたことはある軽快なリズムとストリングスが聞く者をミュージックの陶酔に誘う「Love’s Theme」やBPM遅めのlazyでMELLOWな雰囲気が最高な「Mignight And You」などの楽曲が収録されたソウルミュージックの名盤です。

Enchantment / Enchantment

Enchantment

Enchantment

レーベル: United Artists

製作年 ‏ : ‎1976

評価 : 5.0


1976年に発売されたデトロイト発のソウルグループ「Enchantment」の作品で、甘茶ソウル最高峰のメローなスウィートソウル「gloria」が収録された名盤です。

Fla$hBackSの伝説的1st「FL$8KS」でもサンプリングされている「Dance To The Music」や「My Rose 」、「Sunshine」といったミディアムスローなmellow No.も収録された当時からの評価も高いソウルミュージック名盤です。

The Independents / Chuck, Helen, Eric, Maurice

The Independents

Chuck, Helen, Eric, Maurice

レーベル: Wand

製作年 ‏ : ‎1973

評価 : 5.0

1973年に発表されたThe independentsの作品で

極上のシカゴソウルを堪能できる名盤で、美しいメロディーとハーモニー、黒く重厚な本物のソウルミュージック・ブラックミュージックを堪能することができます。

フィリーライクな極上mellowの「It’s all over」やMotown ライクなミディアムテンポの「No Wind, No Pain」、哀愁漂うメロディアスなメローNo.の「In the valley of my world」、Leroy Hutsonのバージョンでも有名な極上ミディアムダンスNo.「Lucky Fellow」などが収録された、唯一無二のクオリティでソウルミュージックの金字塔として今でも評価の高い一枚です。

商品情報はこちら↓

Chuck, Helen, Eric, Maurice

コメント