オススメ Philly soul(フィリーソウル)洋楽 名盤特集 pt.1

フィリーソウル洋楽名盤特集 トップ画像 MUSIC

70年代に影響を与えてフィラデルフィア発のソウルミュージック(Philadelphia soul / Philly soul)で、シグマ・サウンドとも言われるシグマ・スタジオで制作されたその音楽性は温かみのある重厚でシルキー且つmellowな音楽性が70年代のブラックミュージックや世界中のミュージシャンを虜にした。特にレオン・ハフとケニー・ギャンブルによるプロダクションチームによる楽曲は、当時のヒットチャートを多いに賑わし、世界中のミュージシャンとプロデューサーに影響を与えた。

スリー・ディグリース(the three degrees)やMFSB、ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルーノート( Harold Melvin & the Blue Notes)、オージェイス(O jay’s)、ビリー・ポール(billy paul)・デルフォニクス(delfonics)に至るまで、今でもブラックミュージックの根底にある強いリズムとグルーブに満ち溢れた名門レーベルとして有名である。またヒップホップやソウルミュージックなどのサンプリングソースとしても人気で、今でもアナログレコードは高値で取引されている。今回はそんなPhiladelphia international recordsを中心とするフィリー・ソウル(フィラデルフィア・ソウル)をいくつか紹介してみたいと思います。

Billy Paul /  360 Degrees of Billy Paul

Billy Paul /  360 Degrees of Billy Paulの商品画像

Billy Paul

360 Degrees of Billy Paul

レーベル ‏ : ‎ Philadelphia international

評価 : 5.0

Philadelphia International recordsから1972年にLeon Huff & Kenny Gamble(レオン・ハフ&ケニー・ギャンブル)によるプロデュースされ発表された作品。数々のブラックミュージックでサンプリングされ、影響を与えた名盤としても知られておりBiiiy Paul自身でも最大の大ヒットアルバムとなった。

Wu tang clanのRZAにサンプリングされた「Brown Baby」、

全米 No. 1にもなったBilly Paulの大名曲「Me and Mrs. jones」のようなスムースでメローなフィリーソウル、黒光するイントロにストリングスが絡み合うソウルフルな「I’m Just a Prisoner」、キャロルキングの名曲をファンキーでbitterなメローナンバーに仕上げた「It’s Too Late」など充実な内容で、70年代のソウルミュージック、フィリーソウルの真髄を味わいたいなら是非一度試聴してみてはいかがでしょうか。

Billy Paul /  360 Degrees of Billy Paulの商品画像

Billy Paul /  360 Degrees of Billy Paul

Amazonで探す 楽天で探す

Harold Melvin & The Blue Notes|To Be True

Harold Melvin & The Blue Notes|To Be Trueの商品画像

Harold Melvin & The Blue Notes

To Be True

レーベル ‏ : ‎ Philadelphia international

評価 : 5.0

Kenny GambleとLeon Huffプロデュースによる

1975年に発表されたフィリー・ソウルのコーラスグループでTeddy Pendergrass(テディ・ペンダーグラス)が在籍していたHarold Melvin & The Blue Notes (ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルーノーツ)の作品で、

透明感のある美しいメロディーからの抑揚ある展開が素晴らしいタイトル曲の「To Be True」のような曲や、Female vocalにsharon Paigeを迎えた「HOPE THAT WE CAN GET TOGETHER SOON」のような極上メロー&スムースなフィリー産スウィートソウルを収録(こちらはDJ MUROもSOUL MIXの中で紹介していました。)した名盤で、前編を通してMFSBがリズム隊の極上フィリーソウルを堪能することができます。

初めてのフィリーソウル(Philadelphia soul)の一枚としてもオススメです!

Harold Melvin & The Blue Notes|To Be Trueの商品画像

Harold Melvin & The Blue Notes|To Be True

Amazonで探す 楽天で探す

Dexter wansel / Life on Mars

Dexter wansel / Life on Marsの商品画像

Dexter wansel

Life on Mars

レーベル ‏ : ‎ Philadelphia international

評価 : 5.0

ジャズやフュージョン、クロスオーバージャズに留まらない

george duke直系のシンセサイザーや生音を中心としたサウンドプロダクションで、フィリーソウルの代名詞的レーベルのphiladelphia internationalから発売された作品だ。壮大なインストルメンタル作品から「A Prophet named K.G.」で幕開け、タイトル曲でスペーシーでメローなイントロから幕開ける「Life on Mars」は、クインシー・ジョーンズのプロダクションにも通じる感覚を持つミディアムファンクナンバーだ。

「Together Once Again」はfemale vocalがdreamyでmellowなバラードで、続く「stargazer」はシティポップを想起させる疾走感で、ルパン3世のような音楽が好きなら確実にど真ん中なファンキーナンバーだ。全体を通して非の打ち所がないがない完璧な作品で、現代のDTMのようなコンピューターミュージックには出せない生楽器本来の音色でまとめ上げた本物のジャズファンク、クロスオーバーフュージョンでありながら、フィリーソウルの要素も持ち合わせる名盤だ。

Dexter wansel / Life on Marsの商品画像

Dexter wansel / Life on Mars

Amazonで探す 楽天で探す

The Delfonics|The Delfonics

The Delfonics|The Delfonicsの商品画像

The Delfonics

The Delfonics

レーベル ‏ : ‎ BUDDHA

評価 : 5.0

フィラデルフィアソウル(フィリーソウル)で有名なグループで、フィリーソウルの魔術師Thom Bellによって製作されたスウィートソウルを聴かせてくれる。一曲目の「didn’t i (blow your mind this time)」は、特にsilky且つsweetな楽曲で、クエンティン・​タランティーノ(Quentin Tarantino)作品のjackie brown(ジャッキーブラウン)でも使用された名曲。

「when you get right down to it」や「trying to make a fool of me」などの楽曲は、DJ KIdcapriやGang Starrの「Love Sick」で使用されるほど人気が高く、他様々な楽曲でサンプリングされている。

タイトなドラムが特徴的で、魅力的なThe Delfonicsのファルセット・ヴォイスが合わさった類を見ない完成度の高い作品で、時代を超え愛聴盤となること間違いなしの極上スウィートソウルアルバムです!

The Delfonics|The Delfonicsの商品画像

The Delfonics|The Delfonics

Amazonで探す

The Jones Girls / The Jones Girls

The Jones Girls / The Jones Girlsの商品画像

The Jones Girls

The Jones Girls

レーベル ‏ : ‎ Philadelphia international

評価 : 5.0

フィラデルフィアを代表するキーボーディスト、アレンジャーとして有名なdexter wansel (デクスター・ワンゼル)やフィリーソウルの第一人者的プロデューサーのレオン・ハフらが参加したthe jones girlsの作品です。1979年に発表されました。

「This Feeling’s Killing Me」のようなセクシーでポップなミディアムナンバーやサンプリングにバッチリなmellowナンバーの「Who Can I Run To」、抑揚ある歌声とメロディが高揚感を誘う「We’re a Melody」など前編素晴らしい内容で、フィメール・グループの中でも有名なフィリーソウルの代表的作品です。今でも多くのブラックミュージックを中心とするミュージシャンに影響を与え続けているソウルミュージックの名盤です。

The Jones Girls / The Jones Girlsの商品画像

The Jones Girls / The Jones Girls

Amazonで探す

コメント