オススメ 70年代ファンク(Funk)ミュージック・洋楽特集 part.1

オススメ70年代ファンクミュージック・洋楽特集part1 トップ画像 MUSIC

ブルースやロック、ソウルやジャズ、アフリカ系音楽、民族音楽などの音楽から派生し、James brownやkool and the gang、the metersなどの伝説的アーティストを生み出した。

イナたい太いベースラインとタイトなドラムが不可欠な音楽で、現代のR&BやHIPHOPの元・基礎となるリズムを生み出し、多大なる影響を与えた。

Funkの誕生により更にリズムが自由度を増し、商業的な音楽から、ソウル、ジャズなど音楽にも影響を与え、のちにクロスオーバーなるジャンルも登場することにもなる。

80年代のディスコブームの到来に伴い、それまで好調だった勢いを失うが、今でもそのISMを汲むファンクの精神は受け継がれ、2020年を過ぎた今でもファンキーな楽曲は生まれ続けている。ファンクミュージックを知ることは現代のミュージックを理解する近道であり、ジャズやソウル、ブルース、ゴスペルと同じく黒人音楽を形成する重要なファクターである。

今回は、歴史的ファンク名盤をいくつか紹介したいと思います。どなたかの新しい音楽の発見になれば幸いです。

James Brown|Black Caesar

James Brown

Black Caesar

レーベル ‏ : ‎ Polydor 

製作年:1973

評価 : 5.0

ファンクの帝王James Brownの作品で、1970年代ブラックスプロイテーション映画のサウンドトラック。全曲サンプリングネタなのではないかと思えるほどに、90年代以降のHIPHOPミュージックに影響を与えた原点とも言えるファンクアルバム。

全体を通してJB’sの絶対的安定感のファンキーサウンドが全開で、ブルージーなフィーリングとJames Brownのファンキーなシャウトが絶妙に調和したファンクアルバムの名盤です。

Kool & the Gang|light of worlds

Kool & the Gang

light of worlds

レーベル ‏ : ‎ De-Lite

製作年:1974 

評価 : 5.0

ファンクミュージックのゴッドファーザーJames Brownに「俺のバンドの次にヤバイ奴らだ」と言わしめたスーパーファンクバンドのKool & the Gangによる作品で、特に収録曲の「summer madness」はJhene Aiko「Summer 2020」やDJ Premier「DJ Premier is in deep concentration」といったアーティストの楽曲で使用されているほど、現在のブラックミュージックに深く浸透し影響を与えた名曲です。また故J Dillaが名盤DONUTSの中の一曲でサンプリングした「fruitman」のようなソウルフルな曲も収録されており、HIPHOPやブラックミュージックが好きな方は必聴です。

Summer Madness

ファンクバンドでありながらJazzのフリーな要素を併せ持ち、濃密なファンクナンバーから奇跡的なメロディーラインが混在するKool & the Gangを代表する歴史的名盤です。

OHIO PLAYERS|ECSTASY

OHIO PLAYERS

ECSTASY

レーベル ‏ : ‎ Westbound

製作年:1973

評価 : 5.0

ザップ(ZAPP)、フェイズ・オー(Faze-o )、ヒートウェイヴ(Heatwave)らと並んで、オハイオ州を代表するファンクバンドで、1973年にリリースされた作品です。

Jay-Zのファーストアルバム「Reasonable Doubt」でNotorious B.I.Gが参加したBrooklyn’s Finest でサンプリングに使用された、手を加えずとも原曲がもはやHIPHOPなタイトル曲「Ecstasy」や、タイトでシンプルなドラムにベースライン、ワウギター、オルガンの音色が怪しい「Do You Feel It」、ドラムにクラビネット、オルガン、太いベースライン、ホーンなど各パート総動員な傑作ファンク「Not So Sad And Lonely」などの楽曲を収録した70年代のファンクを代表する良質名盤の一枚。

The Meters|Rejuvenation

The Meters

Rejuvenation

レーベル ‏ : ‎ Reprise

製作年:1974

評価 : 5.0

ミーターズは、アメリカのニューオーリンズを代表するファンク・サウンドを生み出した第一人者的存在です。

BPM90前後のシンプルでいてタイトなドラムに、太いベースラインとワウ&カッティング・ギターが映える絶品ファンクが勢揃いで、中毒性の高いキラーなフレーズが随所にちりばめられています。

70年代の日本のポップスミュージックに大きな影響を与えたファンクミュージックの一枚。

コメント