Anderson .Paak(アンダーソン・パック)- Hiphop Artist –

アンダーソン・パークのとトップ画像 ARTIST

メジャー、アンダーグラウンド構わず引っ張りだこのミュージシャンでドラムを始めキーボード、ギター、ベースなどの楽器を操り、シンガー、音楽プロデューサとしての側面もある人気者のマルチプレーヤーで、ドクター・ドレー(Dr. Dre)やkendrick lamer、stones throw周りのアーティストとも親交が深い。

胸にはスティービーワンダーの刺青を入れているとこからもブラックミュージックへの愛が溢れんばかりのバイブスで、躍動感溢れるドラムや演奏は70年代のソウルミュージックやファンクミュージックの延長線上で、それをただHIPHOPで体現しているに過ぎないように私の目には映る。最近ではThe free nationalsでの活動やブルーノマーズとのユニットであるsilk sonicでのドラマーとシンガーとしての活躍で一躍スーパースターの座に踊り出ている。1stアルバムから今までも発表しているアルバムのジャケットもアート性が高い。今後の活躍も期待したい注目のアーティストだ。

2021年度の音楽作品を対象にした2022年のグラミー賞では、シルクソニック名義で最優秀レコード賞を受賞した。

Anderson .Paak|venice

Anderson .Paak|veniceの商品画像

Anderson .Paak

venice

レーベル ‏ : ‎ Steel Wool

評価 : 5.0

2014年に発表されたアンダーソンパークの1stアルバムで、最先端のリズムと表現が詰め込まれたブラックミュージックの行く末を新たに提示した作品。HIPHOPやR&B、ロック、エレクトロニカ、ソウル、ファンク、ジャズといった音楽性を自身で昇華させ、POPさを持ち合わせるがアンダーグラウンドの側面もあり、緻密なリズムとグルーブは世界最先端で、オルタナティブで実験的なサウンドが豊富に詰め込まれている。Who Can I Run To  / The Jones Girlsのをサンプリングした「might be」などHIPHOPマナーに沿った楽曲も充実した内容だ。

【商品紹介】

Anderson .Paak|veniceの商品画像

Anderson .Paak|venice

Amazonで探す

Anderson .Paak|Malibu

Anderson .Paak|Malibuの商品画像

Anderson .Paak

venice

レーベル ‏ : ‎ Steel Wool

評価 : 5.0

アンダーソンパークの2ndアルバムで、The GameやTalib kweli、The free nationalsやScHoolboy Q、BJ the Chicago kidなど豪華メンツが客演として参加している。

プロデューサー陣もとんでもなく豪華で、9th Wonderを筆頭にMadlib、Hi-tek、Chris Dave and the Drumhedz & Robert Grasperまでも参加している。ブラックミュージック界の重鎮がこぞって参加した話題作で、アンダーソン・パック自身の才能の高さが浮き彫りになった。

注目はシングルカットされたScHoolboy Qとの「Am I Wrong」で、踊り明かしたくなるほどファンキーでフロアライクなダンスクラシックだ。

Anderson .Paak – Am I Wrong (feat. ScHoolboy Q)

【商品紹介】

Anderson .Paak|Malibuの商品画像

Anderson .Paak|Malibu

Amazonで探す 楽天で探す

Anderson .Paak|Oxnard

Anderson .Paak|Oxnardの商品画像

Anderson .Paak

Oxnard

レーベル ‏ : ‎ Aftermath

評価 : 5.0

2018年に発表された3rd アルバムで、まるでブラックスプロイテーション(Blaxploitation)のムービーサントラのような作品。アイザックヘイズ(issac hayes)のtheme from shaftを彷彿とさせる尺八のような笛音が特徴的なThe chase、ケンドリックラマー(kendrick lamer)とDr.Dre(ドクタードレー)参加のキャッチーでグルーヴィなTints、snoop dogg(スヌープ・ドッグ)参加のmellowなニュークラシックのanywhereなどwestside勢の完全援護を受けて制作された稀に見る完成度のHIPHOPのアルバムが誕生した。他にもJ.coleやQ-tip、BJ the Chicago kidなどが参加しており、全曲捨て曲無しの仕上がりになっている。

Anderson .Paak – TINTS (feat. Kendrick Lamar) (Official Video)

【商品紹介】

Anderson .Paak|Oxnardの商品画像

Anderson .Paak|Oxnard

Amazonで探す

Anderson paak feat Free Nationals / Free Nationals

Anderson paak feat Free Nationals / Free Nationalsの商品画像

Anderson paak feat Free Nationals

Free Nationals

レーベル ‏ : ‎ EMPIRE

評価 : 5.0

2019年に発表された作品で、生音ベースのサウンドを堪能することができる。ソウル、ファンク、ジャズ、ヒップホップなどありとあらゆるブラックミュージックの要素が混ざり合った傑作で、70年代のファンクやソウルマナーに沿った太いグルーブと最新のサウンドが新しい新境地を開拓している。グラミー賞を獲得したBruno marsとのユニットで活躍するアンダーソン・パークを筆頭に、一流の演奏隊によるオーガニックでありながらファンキーなサウンドは、現代のミュージックシーンの最前線且つオーセンティックなサウンドそのものである。R&Bやchill out、HIPHOPが好きな方はど真ん中間違いない内容だろう。

Free Nationals – Gidget (Audio) (feat. Anderson .Paak & T.Nava)

【商品紹介】

Anderson paak feat Free Nationals / Free Nationalsの商品画像

Anderson paak feat Free Nationals / Free Nationals

Amazonで探す 楽天で探す

nxworries / yes lawd!

nxworries / yes lawd!の商品画像

nxworries

yes lawd!

レーベル ‏ : ‎ stones throw

評価 : 5.0

稀代のトラックメーカーで、ネクストj dilla、madlibとも称されるほど、現代にフィットした先進的な感覚で時代の最先端のビートを提供しているビートメーカーknxwledgeとグラミー賞を受賞したsilk sonicとしての活躍やfree nationalsとのセッションなどでも華々しく表舞台で活躍する現代のスーパースターのアンダーソン・パックの二人によるユニットの作品である。

メロディアスでオーガニックでありながら、サンプリングの要素を多分に含んだ、オールタイムグッドなビートが満載だ。とりあえず聞けば分かる最先端の音楽に触れていただきたい。

【商品紹介】

nxworries / yes lawd!の商品画像

nxworries / yes lawd!

Amazonで探す 楽天で探す

コメント