koala sampler(コアラサンプラー)を遊び倒す。身近な音をサンプリングしてbeatsを作る

コアラサンプラー紹介 トップ画像 アプリ

App storeやGoogle Play storeなどで入手可能な サンプラーアプリの決定版であるkoala sampler(コアラサンプラー)のご紹介です。このアプリを使用すればお持ちのiPhoneやiPad、スマートフォン、タブレットで自分の身近な音をサンプリングして音楽を作ることができます。

川のせせらぎの音や上空を飛ぶ飛行機の音、口笛、ダンボールを叩く音やアナログな楽器などの外部音源をお手軽にサンプリングして取り込むことができます!!取り込んだ音楽は細かくスライスしたり、複製したり、その音にエフェクトをかけてリサンプリング出来たりと、かなり充実な内容でまさに玄人から素人まで万人が楽しめるアプリに仕上がっています!!

koala samplerの特徴

  • iPadやiPhoneなどの端末で操作が可能
  • 低価格・高機能満載!!
  • オーディオファイルの音源の取り込みが可能
  • サンプリングした一つの音から音階ができる
  • Ableton link機能搭載
  • Ableton liveと連動可能
  • WAV形式で書き出し可能
  • WIFI環境がなくても動作する
  • 格安で、DAWアプリと連動したDTM環境を構築できる

iPadやiPhoneなどの端末で操作が可能

アプリさえダウンロードできれば、場所を選ばずiPadやiPhoneなどの端末で利用することができます。今ままでのように、重たいMPCやサンプラーのようなものを持ち運びする必要はなくなり、タブレットやスマートフォンの環境でサンプリングすることができるようになりました!

「軽量で、どこでも、簡単に持ち運べる」というのは素早くアイディアを形にする為に必要なコンセプトだと思いますので、そうした環境で楽曲制作を考えている方にとっては非常に使い勝手の良いアプリだと言えます。

低価格・高機能満載!!

koala samplerは490円(令和3年3月現在)の有料アプリですが、往年のAKAI MPCに代表されるような機材を一度でも触ったことがある方なら、このアプリの価格がどれだけ安いか分かってもらえるかと思います!!

  • 周辺の音源をサンプリング
  • PCに内蔵のオーディオ音源でサンプリング
  • サンプリングした音源に対してエフェクトが可能
  • 作った楽曲に対してエフェクトが可能
  • 作ったbeatをさらにサンプリング(リサンプリング)
  • 即書き出しが可能

ざっと上げただけでもこのようなことは可能です!!正直、MPCを買う必要がないくらい高機能です。MPCと操作の理論はほぼ一緒ですのでbeatsを作りたいとお考えの方はまずはkoala samplerから始めてみてはいかがでしょうか。

既存のオーディオファイル音源でもサンプリングが可能

サンプリングソースとして取り込んだ周囲の音だけでなく、既存のオーディオファイル音源もサンプリングすることができますので、合わせて複雑な楽曲制作が可能になります。

サンプリングした一つの音から音階ができる

ものすごい機能です。外から取り込んだ音一つから音階ができます!!言っている意味が分かりますか?とんでもなく凄いことで、口笛一つの音から5オクターブほどの音階が自動的にできて、それらを鍵盤のように弾くことができ和音も可能なんです。。これだけでも買う価値のあるアプリだ思いますので、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

Ableton link機能搭載

Ableton liveに内蔵された「link」機能を使うことで、PC側のBPMと立ち上げているアプリのBPMを同期して演奏することが可能になります。※端末のOSのバージョンやAbleton liveのバージョンにより動作しない場合がありそうですので、お使いの状況やアプリのアップデート情報をご確認ください。

Ableton liveと連動可能

koala samplerで作成した楽曲をPCのAbleton liveと連動できます。※端末のOSのバージョンやAbleton liveのバージョンにより連動できない場合がありそうですので、お使いの状況やアプリのアップデート情報をご確認ください。

WAV形式で書き出し可能

作成した曲をWAV形式で書き出しが可能です。すぐにアイディアを形にしてSNSや仲間と共有することが可能です。

WIFI環境がなくても動作する

一度ダウンロードさえすればWIFIのないローカル環境で動作します。場所に捕らわれない楽曲制作が可能になります。

格安でサンプリングDTM環境を構築できる

通常サンプリング環境をハード機材で整えようとすると、サンプラーやターンテーブルなど1から準備して作り始めなければならないため、やり始めるまでに敷居が高く感じますが、今回ご紹介したようなサンプラーアプリは、iPadのようなデバイスさえあればすぐにサンプリングを始めることができます。大きな費用を掛けずともiPadのような機材さえあれば、本格的なサンプリングDTM環境を構築できますよ。

こんな方にお勧めします!!

  • iPadやiPhoneなどの端末で楽曲制作を構築したい方
  • 軽量で、どこでも、簡単にDTM環境を構築したい方
  • 格安でサンプリングDTM環境を構築したい方
  • 初めてサンプリングした楽曲を作成される方
  • mpcの購入を検討している方
  • HIPHOP BEATSを作りたいとお考えの方
  • どこでもアイディアを形にしたい方
  • ワイヤレス且つシームレスなDAW環境を整えたい方
  • 子供の知育道具としての使用したい方

今後の音楽制作のスタンダードになるスマートフォンやiPadなどのデバイスでDTM環境を構築することで、より効率的に楽曲制作ができるようになります。タイムリーで場所を選ばず、変化の早い現代の音楽制作のアイディアをスケッチし、素早く形にすることができるkoala samplerのご紹介でした!お勧めです!!

商品紹介
2021 Apple 10.2インチiPad (Wi-Fi, 64GB)の商品画像

2021 Apple 10.2インチiPad (Wi-Fi, 64GB)

Amazonで探す 楽天で探す
2021 Apple 11インチiPad Pro (Wi-Fi, 128GB)の商品画像

2021 Apple 11インチiPad Pro (Wi-Fi, 128GB)

Amazonで探す 楽天で探す

実際にkoala-samplerを使用した感想として、ドラムのキックとハイハットは口で表現し、上ネタはグラス、自分自身の声、口笛をサンプリングしました。他のオーディオ音源は一切使用せず、数カ所でkoala sampler内のエフェクトを加えました。所要時間15分程度で、iPadで2小節のループを作り、Export→Ableton liveに流して、小節数を伸ばしてPCのDAW上からExportしました。かなり直感的に使いこなすことができますのでお勧めです。優秀なサンプラーアプリで、手軽にサンプリングミュージックを作成できますので、ひとまずiPadに入れておきましょう!

コメント