iPadでDTMが完結!レコード音源や楽器の音源を録音する

DJ

iPadでターンテーブルからのレコード音源やMIXを録音することが可能です。

今回はiPad Pro 11やiPad Air第4世代などでUSB-Cタイプを接続することができるiPadを例に説明します。

PCが無くとも簡単にレコードの音源や楽器の音源を直接iPadに取り込むことが可能なのでDTMを全てiPad一台で完結することも出来ます!ポータブルでミニマムなDTM環境を構築したいとお考えの方にもオススメです。

実現するために必要な準備

  • ターンテーブル
  • DJミキサー
  • iPad
  • オーディオインターフェイス
  • USB-C変換ケーブル
  • iPadアプリ(GarageBand など)

事前にiPadに作曲アプリ(GarageBand など)をインストールしておいてください。

オーディオインターフェイスとUSB接続するときにTYPE-Cに変換する必要があるので、変換ケーブルを使用してiPadと接続してください。

今回はGarageBand を使用して説明します。

接続の流れ

① GarageBand を立ち上げる

GarageBandを立ち上げたらAUDIO RECORDERを選択します。

② オーディオインターフェイスとiPadを接続する

オーディオインターフェイスとiPadを接続したら、チャンネルを「ステレオ」に設定し、実際に入力があるか確認する

1、ステレオを選択する
2、オーディオインターフェイスからの出力を確認する

③ 録音小節設定を解除する

通常GarageBandでは、指定した小節数だけしか録音されませんが、レコードの音源を録音するなどの場合は、小節数を事前に判断することができないことがありますので、録音小節設定を解除する必要があります。

1、小節数メーターの1番右側になる「+」マークを押す
2、セクションの長さを「自動」に設定する

④ 録音する

実際に録音ボタンを押すと、曲が録音中だけ小節数が伸びていくのが確認できるかと思います。このように設定することでレコードでもMIXプレイもiPad上で録音することが可能ですし、楽器の音源を録音したりすることが可能です。

まとめ

今回のような手段を利用すれば、iPad一台でDTMを完成させることも夢ではありません。AUDIO UNITSやINNER APP AUDIOの充実、生楽器、iPadでの優れた操作性などの要素を最大限に活かしきれれば、PCに取って代わる存在になれるだろうと思います。どなたかの良きDTMライフの参考になれば幸いです。

コメント