カフェ・ラウンジで聞きたい音楽特集

カフェ・ラウンジ音楽特集 MUSIC

cafeやlounge音楽といえば、とびっきりお洒落な曲や今にも踊り出したくなるような軽快な曲など、普段ラジオや街中では出会えないような素敵な音楽に出会うことができます。フロアや空間を意識したコンセプトで作られていることがあり、それはクラブで回すDJの選曲に近いものがあります。JazzやSoul、ラテン、ボサノバ、クラシック、最新のヒットチャートから過去のポップスミュージックまでジャンルは特に関係なく空間に溶け込み、勉強や会話の邪魔にならないような音楽こそカフェ・ラウンジ音楽なのではないでしょうか。

そんなカフェやラウンジで聴くような楽曲の幾つかを「スムースでお洒落な」という観点からピックアップしてみました。生活を彩る音楽の新しい発見に繋がれば幸いです。

Ray  Barbee |Triumphant Procession

Ray  Barbee

Triumphant Procession

レーベル ‏ : ‎ rush! production

評価 : 5.0

スムースでチルアウトなギタープレイを得意とするカリフォルニア出身のスケートボーダーで、スムースでチルアウトなギタープレイが心地良い楽曲を多数生み出しています。写真家としての側面も持ち、マルチに活躍を続けるアーティストです。

Jack Johnson|In Between Dreams

Jack Johnson

In Between Dreams

レーベル ‏ : ‎ Unive

評価 : 5.0

アコースティックギターを中心としたオーガニックなサウンドが特徴的なハワイ出身のミューシャン・シンガーソングライターのjack johnsonの作品で、サーファーを中心に多方面のアーティストから絶大な評価を受けています。サーフ・シーンの第一人者として認知されており、映画監督としてのマルチな側面も併せ持ちます。

Corinne Bailey Rae

Corinne Bailey Rae

レーベル ‏ : ‎ EMI

評価 : 5.0

セクシーで中毒性の高い歌声を持つ現代のディーバの1人で、メジャー・インディー関係なく活躍を続けています。「Like A Star」は彼女の美しい歌声を聴くことができる代表曲です。

Norah Jones|Come Away With Me

Norah Jones

Come Away With Me

レーベル ‏ : ‎ ‎Blue Note

評価 : 5.0

HIPHOPを中心としたデジタルな電子音楽が目立つ時代に、生楽器を中心としたスムースなJazzに、lazyでありながら透明感を持つ美しい歌声で全世界を虜にしたアルバムです。チルアウトなモーニング、昼下がりにぴったりです。

コメント