Hiphop producer – J Dilla a.k.a Jay Dee(ジェイ・ディラ)

Hiphop producer – J Dilla ARTIST

90年代から活動を開始し、The Pharcydeの「Runnin」やA tribe called questへの「The Ummah」名義での楽曲提供、完成度の高さから今でも評価の高い作品Slum Village(スラム・ヴィレッジ)名義での『Fantastic Vol.1』、『Fantastic Vol.2』のリリース、The Soulquarians(The Rootsのドラマー?uestlove、ディアンジェロ、James Poyserらと共に結成したプロダクションチーム)名義でのCommonやErykah Badu、Talib Kweliらへの多岐に渡る楽曲提供で、一躍新人プロデューサーとしてデトロイトのみならずアメリカ全土に広く知れ渡る存在となった。

またソロ・アーティストとして、2001年に発表されたシングル「Fuck The Police」を皮切りに、ファーストアルバム『Welcome 2 Detroit』をイギリスのインディーレーベルBBEから〈Beat Generationシリーズ〉リリースした。

2006年生前最後に発表された「DONUTS」は、今でもサンプリングミュージックの美学が詰め込まれた傑作として名高く、死後に発表された『The Shining』もHIPHOPミュージックの金字塔として今でも語り継がれている名盤を残している。

類い稀な病気により32歳という若さで亡くなったJ Dilla a.k.a Jay Deeだが、サンプリングとMPCを中心としたサウンドプロダクションは、現代のブラックミュージックに計り知れない影響を与えた。

J Dilla(ジェイ・ディラ)|Shining

J Dilla(ジェイ・ディラ)|Shiningの商品画像

J Dilla(ジェイ・ディラ)

Shining

レーベル ‏ : ‎ BBE

評価 : 5.0

故J Dilla の遺作で、死後に盟友Karriem Riggins によって仕上げられたという本作は、生前最後のアルバム「Donuts」直系のソウルフルなネタ使いが素晴らしく、特にso far to goの「DON’T SAY GOODNIGHT」 ISLEY BROTHERSネタ使いが秀逸。

ファンキーなドラムに絶妙なサンプリングセンスとシンセサイザー、生楽器を駆使して作られた本作は、他のHIPHOPアルバムとは一線を画すほど軽くHIPHOPの枠を超え、往年のfunk,soul,jazzといったような音楽が持つアナログ感やグルーブ感を纏わせながら、年月を超え、これからも聞き伝えられていく名盤。全曲間違いないHIPHOPアルバムの傑作。

J Dilla(ジェイ・ディラ)|Shiningの商品画像

J Dilla(ジェイ・ディラ)|Shining

Amazonで探す

Slum Village|Fantastic Vol.2

Slum Village|Fantastic Vol.2の商品画像

Slum Village

Fantastic Vol.2

レーベル ‏ : ‎ BARAK

評価 : 5.0

デトロイト出身のアメリカのヒップホップグループで、プロデューサーのJ Dillaが在籍していたことでも知られています。日本人トラックメイカーのEVISBEATSの曲『ゆれる feat. 田我流』のMVの中でチラと出てきたのも記憶に新しい。

「Climax (Girl Sh**)」や「Untitled / Fantastic」、「Players」、「Get Dis Money」のような浮遊感漂うメロー&チルアウトなトラックが多く、アルバムを通して非常に聞きやすいです。豊かなリズムと類い稀なサンプリングセンス、メロディーセンス、ベースラインなどどこを取っても超一流で、この作品でも簡単にヒップホップの枠を超えてしまっているJ Dillaワークには脱帽です。。

全ミュージックラバー必聴の一枚で、これを聞かずしてHIPHOPは語れません。とりあえず聞きましょう!

Slum Village|Fantastic Vol.2の商品画像

Slum Village|Fantastic Vol.2

Amazonで探す

コメント