【1970年代フュージョン・ジャズの代表格】The Crusaders

the crusadersのトップ画像 ARTIST

Wilton Felder、 Wayne Henderson 、Joe Sample、 Stix Hooper、 Larry Carltonらによって結成されたジャズ・フュージョン(jazz fusion)・ジャズファンク(jazz funk)の代表格で、1970年代前半から活動を始め様々な音楽性を取り込んだクロスオーバージャズを世に広めた立役者だ。

joe sampleの流麗なエレクトリックピアノとStix Hooperのドラム、Wilton FelderとWayne Hendersonの管楽器のアンサンブルが見事に融合した音楽性は、今でも様々なミュージシャンに影響を与え続けている。

The Crusaders|Street Life

The Crusaders|Street Lifeの商品画像

The Crusaders

Street Life

レーベル ‏ : ‎ MCA

評価 : 5.0

「Street Life」1979年にcrusadersによって製作されたアルバムで、それぞれメンバーのWilton Felder(ウィルトン・フェルダー) 、Stix Hooper(スティックス・フーパー)、Joe Sample(ジョーサンプル)が楽曲を提供しています。特にタイトル曲でJoe Sampleがプロデュースした「street life」は、ゲストとして迎えたRandy Crawford (ランディ・クロフォード)のボーカルが素晴らしく、当時の1979年のJazz Albumsチャートで1位を獲得し、Black Singlesチャートで最高順位17位を記録しました。ランディ・クロフォード(Randy Crawford)の高い歌唱力と洗練されたcrusadersの演奏が融合した軽快なジャズフュージョン・ダンスミュージックで、クエンティン・タランティーノ(Quentin Tarantino)監督作品のJackie Brown(ジャッキーブラウン 1997年公開)でもオープニングタイトルとして使用され再注目を集めた。時を超えて聞き継がれていく色褪せない名曲の一つで傑作です。

続くWilton Felder制作による「My Lady」はメロディアスで軽快なジャズファンクNo.且つスムースでメローなBPM90前後の楽曲で、洗練されたメロディーラインは故MAC MILLER”INSIDE OUTSIDE”を始め、メジャー・アンダーグラウンド問わず数々のブラックミュージックの楽曲でサンプリングされています。

全体的に高い演奏力とメロディに溢れた良質な内容で、今でも十分通用する極上の70年代ジャズフュージョンで、スムースでいてシティポップの要素を併せ持つ70年代ソウルミュージック・ジャズファンクミュージック・フュージョンの傑作です。

The Crusaders|Street Lifeの商品画像

The Crusaders|Street Life

Amazonで探す 楽天で探す

コメント